ブログ

わたしたちはみんな、「心の傷」を負って生きている。


(来てくださった方と☆すてきな笑顔、ありがとうございました!)

こんばんは、たかれんです。
本日の看板スタッフは「たかれん」でした!

本日の雰囲気をご紹介!

今日はしとしと雨でさむーい1日でしたが、皆さん体調を崩してはおりませんか?
ハウスでは早くも暖房がスタート。少人数で深く向き合い、身も心もあたたかくなる時間を過ごせました。

はやい時間には、子どもの頃やっていたゲームや当時流行っていたものについて語り合っていました。
ある方は、ビックリマンチョコにすごくハマっていたのだそう。
裕福な家庭の子どもが箱買い(1箱30個入り)をするのに対し、その方は100円玉を握りしめて、3個のビックリマンチョコをコツコツ買っていたのだそうです。
わたしも子どもの頃、ポケモンのフィギュアにはまって、お小遣いを貰うたびに近所のスーパーへ走っていました。
今でも、当時買ったフィギュアは部屋に飾ってありますが、あの頃のようにひとつのことに一生懸命になる瞬間は減ったように思います。
子どもたちが好きなものを目の前にした時の、あの瞳の輝きようといったら。
あの輝きを、わたしはまだ持てているでしょうか。思い出に想いを馳せながら、そんなことを考えていました(*´`)

また、今日1番考え込んだのが、訪れた方からの「60歳の時には、どんな生活をしていると思う?」という質問。
60歳というと、今のわたしからすると約40年後になります。果てしないようだけれど、両親は共に50歳を超えていますし、そう考えるとそう遠い話でもないのかもしれません。

わたしは元々、野心や執着といったものはあまりない人間なので、そう贅沢な暮らしをしていたいとも思わないのですが……。
少しでいいから花や野菜を育てて、動物が傍に居て、週末には友達とおしゃべりして、たまに一人で読書に耽る1日があって。そんな日々を過ごせたら、幸せなんじゃないのかなぁ。
寂しがりな性格だから、きっと傍には(老若男女問わず)大切な人が居ると思います。大切な人を大切にできるように、立派な人間になりたいものです。

未来のことを考えるのは、ちょっぴり不安だけれど、やっぱりわくわくします。どんな時にも悩みや不安はあるものですが、あんなことしたい、こんなことやりたい、と幸せな姿を思い描く時には、今ある悩みが忘れられる気がするんですよね。
もちろん不安でたまらない時にはそんな余裕もないのでしょうけれど……、未来なんてどうなるか分からないのだから、少しくらいいい夢を見たっていいのではないでしょうか(*´`)
皆さんの「理想の未来」、良かったら聞かせてくださいね。

その未来にならなかったとしても、それはかっこ悪いことではないし、決して無駄なことでもありません。
今日、「今の大学生たちに話を聞いても、みんな食いっぱぐれないことだけを考えていて、やりたいことや夢がない」と話してくれた方がいました。
確かに、夢の持ちにくい世の中になっているのかもしれません。
けれど、ひょっとしたら「こんなこと言ったら笑われるかも」「言って叶えられなかったらダサい」なんて考えて、言えなくなってしまっている人もいるんじゃないでしょうか?
少なくともわたしは高校生の時にはそう思っていたし、今だってそういう話をする時には少しだけ不安になります。
でも、もし叶わなくても、全部が無くなるわけではないと思うんです。少しでも行動したらそれは経験値になるし、挫折した経験は、あなたを強く、優しくするはずです。

目指したものが叶えられなかった時。
誰かを傷つけてしまった時。
誰かから傷つけられた時。
愛する人と共に居られなかった時。

その心には、深い深い傷が刻まれてしまうでしょう。もしかしたら、その傷はずっと消えずに、随分と経ってからも、時々チクッと痛むかもしれません。
「目指さなければよかった」「最初から諦めればよかった」「何もしなければよかった」
と考えることもあるかもしれません。

こんな心の傷を負いながら生きていくのなら、いっそもう全て諦めてしまいたい。
そんなふうに思ってしまう人もいるでしょう。

でも、あなたの、傷ついたその心は、とんでもなく美しいものです。
どんな人でも、大なり小なり傷は持っているもの。いつも笑顔なあの人も、なんだか仲良くなれないあの人も、あなたを傷つけたあの人も、周りからは見えないけれど、きっと心に傷を持っていると思うのです。
だからといって、みんなと仲良くする必要はないし、苦しい思い出を無理に忘れたり許したりする必要はないけれど。
あなただけじゃないから、傷ついたあなたを愛おしく想う人は絶対にいるから、あなたの傷を癒そうとしてくれる人がきっといるから、それだけは、頭の片隅でいいので、忘れないでいてくれたら嬉しいです。

……と、今日過ごした時間があまりに濃くて、つい熱がこもってしまいました(;^ω^)
長々と失礼いたしました。ここまで読んで下さって、ありがとうございます(*´`)

これからも、どんなお話が聴けるのか楽しみです。
ぜひハウスでお話させてくださいね!

【ココトモおすすめ記事】夢を応援してもらいたい方におすすめのサービス「VALU」!仕組みから利用方法まで徹底解説
PR

本日のトークテーマ

  • ビックリマンチョコ箱買い勢と、100円玉を握りしめて3つ買った思い出
  • 「3年働く」と価値観がかわる?
  • ガンダムの素材が鉄なわけがない!
  • 手相や占星術の勉強をしてます。
  • 何歳からだって、なんだってできるよ。
  • 「幸せ」ってなんだろう。理想の生活って?
  • 臨床心理士さんがやる「演劇ワークショップ」に行ってきました!
  • ずっと残ってる「心の傷」の話
  • たかれんがブログを書く時に気をつけていること
  • ジブリ作品『海がきこえる』の名言
  • 後悔しないために、これから婚活はじめます!
  • 夢が叶わないって、ダサいかな。

本日のスタッフ紹介

たかれんは金曜日の担当です!

たかれんは金曜日に担当しています!
数学大好きな女子大生。ふだんは相手の話を聞くのが好きな彼女ですが、ひとたび数学の話が始まると・・・笑
また、「家にも学校にも居場所がない10代」のためのコミュニティサイトを運営していた彼女は、苦しい心にも優しく寄り添ってくれます。ぜひ、たかれんに会いに来てください(*´`)

たかれんのプロフィール

こんにちは、たかれんです。
学校の先生を目指している大学二年生です。いじめ、不登校、転校等を経験し、中学生のときに親から「親を辞める」宣言をされました。
私にとってココトモハウスは「もうひとつの家」のような場所です。すこし時間がゆっくり流れているような、けれどお話しているとあっという間。「おかえりなさい」とお迎えして、「いってらっしゃい」と見送る。あなたにとっての「もうひとつの家」をつくるお手伝いができればと思っています(*´`)

▽詳細はこちら
http://kokotomohouse.com/author/tkren0224/

近日開催のイベントはこちら

ピックアップ!

このブログを書いた人

たかれん
たかれん

こんにちは、「たかれん」と申します(*´`) 「ココトモハウス」のサイトを訪れていただき、ありがとうございます。 いじめ、不登校、転校等を経験し、中学生のときに親から「親を辞める」宣言をされました。 家にも学校にも居場所...

プロフィール詳細はこちら
たかれんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連ブログはこちら

最新ブログはこちら

フォローをお願いします!

ページTOP
本日のスケジュール