ブログ
TOP > ブログ一覧 > コラム > 1から目指すWebライターの始め方

1から目指すWebライターの始め方

23524700_s

在宅ワークをしてみたいけど、スキルがない。そんな時にお勧めしたいのがWebライターです。Webライターに必要なこと、それは日本語が書けること。皆さんは、普段日本語を使って会話していますね。そして友達や家族にLINEを送ったり、仕事でメールを書いたりしていないでしょうか。

Webライターには確かにスキルは必要ですが、まず日本語を書くことが出来れば、あとはそれを使ってスキルを育てていくことができます。本記事ではWebライターのなり方から仕事の取り方、そして単価をあげる方法まで、Webライティングのすべてをお伝えします。

ぜひ本記事を参考に、Webライティングをマスターしてください。

Webライターとは

Webライターを一言でいうのなら、Webにあげる文章を書く人のことを言います。そのため、Webライティングとしってもその仕事はとても幅広いです。

例えばブロガーなどが皆さんが思い描くWebライターのイメージに近いと思いますが、その他にも、インタビューの仕事だったり、キャッチコピーだったり、広告のライティングだったり、SNSのライティングだったり、Web上で書くという仕事に当てはまるものは、全てWebライターという仕事に分類されます。

Webライターの種類

  • ブロガー
  • インタビュー
  • キャッチコピー
  • 広告
  • SNS

などなど

Webライターの始め方

Webライターは国家資格ではありません。なので、自分がWebライターだと名乗ったら、それですでにあなたはWebライターです。と言っても、それではちょっと不安ですよね。

また、実績が全くない状態だと、仕事を受けることが難しいです。そこで今回はこれから仕事でWebライティングを始めるにあたり、お勧めの方法を紹介します。

ブログを書く

Webライティングで一番多いのが、ブログ記事を書く仕事です。逆にいえば、ブログを書けさえすればすぐにでも仕事を始めることが可能です。ただ、いきなり人から依頼を受けてブログを書くのは心配ですよね。そんな時はまず自分でブログを書いてみましょう。

書いてみる内容は何でもいいです。日記でもいいですし、趣味のことでも結構です。自分でブログを作ってWeb上に書いてみることで、Webライティングへのイメージがつきます。

SNSを始める

SNSは現在のWebマーケティングにおいて欠かせないツールです。そして、SNSにおいて重要なのはライティングです。投稿が読まれるかどうか、プロフィールに興味を持ってもらえるかどうか、そのすべてがライティングによって決まってくるのです。

つまり、自分でSNSを運用することは、ライティングのとてもいい勉強になります。

講座を受ける

Webライティングは文章を書ければ可能です。しかし、やはりいきなり仕事を受けるには不安がありますよね。そんな時は講座を受けるのがお勧めです。ただし講座についても色々あるので迷ってしまいますよね。

お勧めはライターキャリア講座です。ライターキャリア講座は、単なるライティングだけでなく、ライティングに欠かせない根本的な思考方法、そしてキャリアステップまで教えてくれます。ライター講座は色々ありますが、単なる書き方だけでなく、ライターとしての将来性も考えた講座になっています。

Webライターとして仕事を受けるには

Webライターとして仕事を受ける方法は沢山あります。ライターとしてちょっと力がついてきたかな、そんな風に感じたら、仕事を受けてみましょう。

クラウドソーシングのプラットフォームを使う

ライターとして仕事を受けるのにもっとも簡単なのは、クラウドワークス、ランサーズ、ココナラといった、仕事を発注しているサイトやサービスを使うことです。クラウドソーシングサイトは、単価が低めになってしまう傾向がありますが、初心者でも仕事を取りやすく、経験を積めば単価を上げていくことができます。

SNSで応募する

Twitterなど、SNSで仕事を募集していたり、または自分からライターをやりますと立候補することもできます。実際、私自身もTwitterでいくつか仕事をやったことがあります。SNSでのやりとりのいいところは、実際のツイートをみてから応募できるので、ある程度人間性も把握したうえで、応募することができます。

アルバイトをする

Webライターとして働く方法は、フリーランスとしてだけでなく、アルバイトとして働くという方法もあります。アルバイトでのライティングの場合は、インタビュアーだったり、社内メディアなど様々な仕事があります。気になる求人があったら、まずは応募してみましょう。

コミニティにはいる

現在は色々なオンラインコミニティがありますが、コミニティ内で仕事を受けるという方法もあります。ただし、仕事を下さい、ということだけを周りに伝えるのはあまりお勧めできません。コミニティでは、飲み会などであった際に、ライターをやっていることをさりげなく伝えることです。あなたの人間性が信頼されれば、相手は仕事を依頼してくれます。

ライターとして単価をあげていくには

ライターの単価はピンキリですが、安いと1文字1円からという場合もあります。もし単価をあげていきたいのであれば、工夫をする必要があります。

スキルを組み合わせる

クライアントは、何かの目的があってライティングを依頼しています。例えば、ブログであれば、ブログで集客をして、商品を販売したい、またはインタビューであれば、ブランドイメージを作りたいなどなど。ライティングにとどまらず、クライアントの本当の目的を果たす提案ができれば、ライティングの単価を上げることも可能です。

仕事の単価をあげるとは、クライアントに利益をもたらすことと同義です。特にライターと相性がいいのは、SEOです。ライティングだけでなく、記事の構成だったり、サイト構成などができるようになると、一気に単価があがります。ぜひ挑戦してみてください。


オンラインの交流はこちら!

今すぐ誰かと話したい方へ

SNS

あなただけの居場所が見つかる!ココトモハウスのLINEグループはこちら!

ピックアップ!

このブログを書いた人

ジョジョ★

ココトモハウスの管理人。産業カウンセラー、行政書士、社会福祉士。はじめまして!ジョジョです!僕は自分の人生の中で沢山の痛みを受け取って来ました。自分が笑ってる時、誰かが泣いてるなんて、こんな悲しいことはないよね。 少しでも、心の...

プロフィール詳細はこちら
ジョジョ★が最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最新ブログはこちら

フォローをお願いします!

休職者向けコミニティ

休職者向けオンラインコミニティ

提携コワーキングスペース

誰かと作業したい方はこちら

東京居場所マップ

東京の居場所はこちらで検索

ページTOP
本日のスケジュール