ブログ
TOP > ブログ一覧 > 居場所がない > 引きこもりにお勧めの仕事と探し方【脱ひきこもりマニュアル】

引きこもりにお勧めの仕事と探し方【脱ひきこもりマニュアル】

hiki

社会福祉士のジョジョです。引きこもりの方にとって、仕事、アルバイトなど、働くことへのハードルはとても高いものです。

自分に仕事が出来るのかという強い不安を感じたり、そもそも働くことへのイメージが湧かないですよね。

そんな中、仕事について調べているあなたは、とても立派だと思います。

今回は、そんなあなたのために、お勧めの仕事や仕事の探し方を紹介したいと思います!

◆目次
1.引きこもりだけど働きたい!そんなあなたにお勧めの仕事と探し方【目指せ!脱ひきこもり】
2.引きこもりにこそお勧めの仕事を5つ紹介!
3.引きこもりに優しいお勧めの求人情報サイト
4.引きこもりが武器になる!家で稼げる在宅ワーク5選
5.引きこもりの方が在宅ワークを探すのにお勧めのサイト3選
6.引きこもり方が使える就職支援
7.終わりに

引きこもりだけど働きたい!そんなあなたにお勧めの仕事と探し方【目指せ!脱ひきこもり】

hiki2

引きこもりの方はまずいきなりフルタイムで働くのではなく、アルバイトなどで身体をならしながら、働いていくことだったり、在宅ワークなど、負担が少ない働き方で段階を踏んでいくことを考えてみるといいでしょう。

引きこもりにこそお勧めの仕事を5つ紹介!

hiki3

実際に引きこもりの方にも聞き取りを行い、ひきこもりから社会復帰のためにお勧めの仕事を厳選しました。

1.清掃の仕事

清掃の仕事は、体力への普段が少なく、また人と接することが少なく、ひきこもりの方が始めの一歩として選択するには最適のお仕事です。

清掃には、街や建物だけでなく、心を綺麗にしてくれる働きもあります。ココトモハウスでも、清掃での社会復帰を応援しています。興味がある方はぜひ応募してみて下さい!

清掃を通じて社会参加を!心晴れ晴れプロジェクト

2.新聞配達

新聞配達は、人とのコミニケーションをとることはほとんどなく、独りでもくもくと取り組むことができます。元ひきこもりの家入さんも、新聞配達をしていたことがありますね。

また、規則正しい生活を送るのにも一役買ってくれます。自分の生活を立て直し、働いていきたい。そんな人はぜひ新聞配達を検討してみて下さい。

3.工場

工場の作業員も、黙々と作業に没頭できる仕事の一つです。これから社会復帰をしたいものの、とにかく人が怖い。そんな方にもおススメの仕事です。

流れ作業など、単純な仕事が多いのも工場の嬉しいところ。仕事というものにまず慣れたい。という人にはぴったりだと思います。

4.配達員

郵便など配達の仕事も、ひきこもりの方にお勧めです。配達の仕事は基本的にコミニケーションをとる必要がなく、マイペースで取り組めます。
最近ではUber eatsなども話題になっていますね。

人は苦手だけど、運転は好き。そんな人にはうってつけのアルバイトです。

5.農業

最近、ひきこもりの方が農業をすることで、回復していったという事例が多くあります。農業は、人ではなく自然が相手となるため、対人への苦手意識が強いひきこもりの方と相性がいい仕事だと言われています。

自然を相手に、黙々と仕事がしたい。そんな方は農業を検討してみるのも面白いかもしれません。

引きこもりに優しいお勧めの求人情報サイト

hiki4

着きたい仕事が決まったら、さっそく仕事を探してみましょう。引きこもりの方にお勧めの求人情報サイトを紹介します。

1.indeed

indeedには、ひきこもりの方にお勧めの求人が載っています。コツとしては、引きこもりではなく、元ひきこもりというワードで検索してみることです。全国から様々な求人がでているので、ぜひ自分にあった求人を探してみて下さい。

indeedの公式サイトはこちら

2.はたらいく

はたらいくも、ひきこもり向けの求人を検索することができます。件数は少ないかもしれませんが、その場合は、清掃等の職種での検索を行うこともできます。

また、はたらいくは登録することで向こうからの”らいく”を受け取るスカウト機能などもあるので、会員登録も考えてみると良いでしょう。

はたらいくの公式サイトはこちら

3.求人ボックス

求人ボックスも、ひきこもりの方に向けた求人が掲載されています。求人ボックスは、お仕事のランキング機能などもついているので、人気の求人が知れるのも嬉しいですね。知人もこちらから検索をして、良い会社に巡り合いました。

求人ボックスの公式サイトはこちら

引きこもりが武器になる!家で稼げる在宅ワーク5選

hikipaso

働くというと、どうしても外にでてということをイメージするかもしれませんが、いきなり外にでて仕事ができない、という方には、「在宅ワークで稼ぐ」という方法もありです。

特にひきこもりの人は家にいるのが好きなのですから、在宅ワークとの相性は抜群といえるかもしれません。本記事では、お勧めの在宅ワークから、各在宅ワークの始め方も解説しています。

1.ライター

在宅ワークの中でも、ライターは、お勧めの仕事です。ライターは、ニュース記事やブログなどの文章を書いたり、校正する仕事ですね。ライターの仕事は、プログラミングなどと違い特別なスキルが必要なく、文章をかければひとまず仕事には応募ができるので、まずはやってみるという気持ちで挑戦してみてもいいでしょう。

初心者のうちは単価が低いかもしれませんが、スキルアップしていけば、それだけで食べていくことも可能です。

Webライターの始め方がわかるお勧め記事はこちら

2.Webデザイナー

Webデザイナーは、ホームページやアプリのデザインなどを行う仕事です。Webデザインの仕事は、需要も多く、また在宅で取り組むのに適した仕事です。

デザインの習得までには時間がかかりますが、絵を書いたり、クリエイティブな活動が好き、という引きこもりの方とは相性がぴったりです。

Webデザイナーの始め方がわかるお勧め記事はこちら

3.Webエンジニア

パソコンや数学が好き、という理系引きこもりには、Webエンジニアがお勧めです。Webエンジニアは、簡単にいえば、パソコンのシステムを作る仕事ですね。会員系サイトや掲示板、ECサイトなど、プログラムを作る仕事です。

スキルの習得までには時間がかかりますが、しっかりと習得できれば、
高単価の仕事をこなすことが可能です。また、今後も仕事が増えていくといわれており、将来性も高い仕事です。

Webエンジニアへのなり方がわかるお勧め記事はこちら

4.動画編集

Youtubeなど、動画プラットフォームが伸びる中、動画編集はこれから伸びていく仕事だといわれています。また、動画編集はWebエンジニアなどと比べると敷居が低く、学習コストが低いと言われています。

まさしくこれからもっとも旬な仕事であり、引きこもりの方の在宅ワークとしてお勧めの仕事です。

動画編集者へのなり方がわかるお勧め記事はこちら

5.せどり

せどりとは、商品を安く買って、高く売る。いわゆる転売のことです。世間からは転売屋と嫌われがちですが、せどりは市場原理にそった正常な経済活動です。また、せどりは情報が全てといわれており、引きこもりのように時間がある方にはお勧めの在宅ワークです。

引きこもりの方が在宅ワークを探すのにお勧めのサイト3選

hikisearch

Webデザインや、動画編集など、在宅ワークの仕事はサイトから探すのがお勧めです。

1.クラウドワークス

日本最大級の在宅ワークの紹介サイトです。ライティングからWebデザインや動画編集まで、沢山の仕事が集まっており、種類も様々です。

仕事のやり取りは個人同士となりますが、依頼主への評価制度などがあり、不正がしずらい環境になっており、始めての方でも安心して仕事を探せると思います。

僕も勝手はここでライターなどの仕事をしていました。在宅ワークを考えているなら、まず一番に見て欲しいサイトです。

クラウドワークスへの登録はこちら

2.サニーバンク

サニーバンクは、障害者の方専門の在宅ワークを提供するサイトです。動画編集からWeb制作、データ入力など、障害者の方でも取り組みやすい仕事が多数集まっており、引きこもりの方にもおススメのサイトです。

また、在宅ワークでは難しい自己管理も助けてくれるので、引きこもりの方でも安心のサイトです。
サニーバンクへの登録はこちら

3.スタンバイ

スタンバイは、常時7000件を超える在宅ワークを探すことができる求人サイトです。こちらは、フリーランスではなく、雇用契約とはなりますが、データ入力やコールセンターなど、多数の在宅ワークが掲載されています。

スキルはまだないけど、ひとまず働く一歩を踏み出したい。そんな方にお勧めの求人サイトです。

スタンバイの求人情報はこちら

引きこもり方が使える就職支援

hikisou

引きこもりの方がいきなり仕事をしようと考えると、とてもハードルが高い部分があります。そこで利用を考えて欲しいのが、ハローワークや就労移行支援など、仕事のための相談に乗ってくれたり、就労までのステップを助けてくれる機関です。

ハローワーク

引きこもりで働くのが怖い、そんな方にまずおすすめしたいのがハローワークです。

最近では、就職氷河期などで、中年に差し掛かっている方のひきこもりが話題になっていますが、政府もひきこもり中年の就職支援には力をいれています。

地域若者サポートステーションや、職業訓練など、無職からいきなり働くではなく、
働くための準備も助けてくれるサービスがあるので、ぜひ最寄りのハローワークを訪ねてみて下さい。

ハローワーク総合案内ページ

引きこもり地域支援センター

引きこもり地域支援センターは、都道府県ごとの各自治体に設置された、引きこもり支援のサービスです。引きこもりの方の居場所活動だったり、家族への支援、また仕事のためにセミナーなど、様々な活動をしています。

引きこもりで仕事はできないけど、自立のために踏み出したい。そんな時は地域の支援センターを探してみるのもよいでしょう。

引きこもり地域支援センター案内ページ

就労移行・継続支援

障害がある方だったり、医師からの診断書があるなど、一定の条件が必要になってしまう場合がありますが、就労移行、継続支援サービスを使うという方法もあります。

就労移行支援は、就労に移行するための支援、就労継続支援は、より簡易な就労や、軽作業を通じて、働くことができるサービスです。

こちらも、ハローワークや福祉課などから紹介を受けることができます。

就労移行支援、継続支援の説明はこちら

終わりに

普通の人でも働くことはなかなかに大変です。ましてや引きこもっていた方にとっては、働くを考えることはとても大変なことだと思います。

でも、考えただけでも、それはとても立派な一歩だと思うのです。今は社会もひきこもりに強い関心を持っています。勇気を出して手を伸ばせば、助けてくれる人もいることを忘れないでください。

それでは、お読みいただきありがとうございました。

ピックアップ!

このブログを書いた人

ジョジョ★
ジョジョ★

はじめまして!ジョジョです!僕は自分の人生の中で沢山の痛みを受け取って来ました。自分が笑ってる時、誰かが泣いてるなんて、こんな悲しいことはないよね。 少しでも、心の痛みを分けあえたら、そして、笑顔を取り戻せたら…、そんな思いでこ...

プロフィール詳細はこちら
ジョジョ★が最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連ブログはこちら

最新ブログはこちら

フォローをお願いします!

ページTOP
本日のスケジュール