ブログ

ココトモハウスに「ポスト」が設置されました!

こんにちは、看板スタッフのたかれんです(*´`)
ハウスに来てくださっている方なら見かけたかもしれませんが、このハウスのドアに置かれた謎深き「真っ赤なポスト」……。本日、ついにその正体が明らかになります!!

ハウスで、お手紙が届けられるようになります

皆さんはハウスに来た際に、
「趣味も同じですごく気が合いそうだったけど、話しかけるチャンス逃しちゃったな……。もっと話したかった!
「相談に乗ってもらったけど、感謝伝えそびれちゃった……。伝えたいことがあるのに!
なんて感じたことはありませんか?

ハウスでの出会いは一期一会。誰かいつ訪れるのかは、その当人にしか分かりません。
でも、伝えたいことがあるのになかなか伝えられないって、すごく歯がゆいものですよね。
ハウスに来たら相手はいなくて、そしたら昨日なら来てたみたい、えー昨日なら空いてたのにー!!なんて経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

伝えたいことがあるのなら、それを伝える機会をつくりたい!
ということで、この度ハウスでは「お手紙制度」が始まることとなりました(*´`)

【新サイト公開】友達・仲間と楽しくスキルアップを目指すスキル取得サイト『チャレトモ』!
PR

「お手紙制度」とは?

お手紙制度は、ざっくり言えば「ハウスで会ったことのある人へ、お手紙を送ることができますよ」というものです。
お手紙を送る手順は以下の通り。

1. 心を込めてお手紙を書く
2. 「宛先カード」(※)を記入して、お手紙に貼り付ける
3. お手紙を投函し、相手のもとへ届くのを待つ☆
※……宛先カードは、「宛先人不明で届けられなくなってしまう」「誰から届いたものか分からなくなってしまう」といったトラブルを防ぐために使用するものです。「差出人名」「宛先人名」「差出人の連絡先(LINEのID等)」の3つを記入していただきます。ハウスの洗面所、または引き出しに保管してありますので、スタッフまでご確認ください。「切手くださーい」のノリで「カードくださーい」と言っていただければ大丈夫です☆

便箋・封筒の類はハウスに置いてありますので、その場で伝えたい想いが生まれた時にも安心☆
色鉛筆なども用意してあるので、ぜひあなたらしいお手紙を書いてください(*´`)
また、お手紙を書いている途中を見られるのはちょっぴり恥ずかしいものですよね。ハウスでは、洗面所に「便箋・封筒」「宛先カード」「筆記具」が常備されていますので、ぜひそちらもお使いください。もちろんハウスのコミュニティスペースで書いていただいてもかまいません♪

尚、お手紙は「相手さまが来てくれた時にお渡しする」形になるので、投函していただいてからお届けまで少し時間がかかってしまう可能性もあります。なにとぞご容赦くださいませ(・ω・`)ゴメンネ

お手紙を書く際にお願いしていること

お手紙を書く際に、4つだけお願いしていることがあります。

1. 連絡先等の交換はハウスで直接お願いします♪

LINEのID、メールアドレス等の連絡先は、お手紙には書かないようお願いしています。もし交換したい場合は、ハウスで直接交換してくださいませ(*´`)

2. お手紙は「会ったことのある方」のみ送ることができます

お手紙を送ることができるのは、会ったことのある方へ向けてのみとなっております。「連絡帳」は誰でもコメントOKですので、もしどうしても伝えたいことがある!という方は、そちらを利用していただけたら嬉しいです。

3. 相手を傷つけかねない表現等は控えてください

お手紙は、何もなければ、もらった人の手元にずっと残るものです。
お手紙をもらった人は、書いた人がどんな表情で書いていたのか、どんな想いで書いたのかを知りません。時には相手に伝えなければいけないことがあったり、お願いしたいことがあったりするかもしれませんが、そういったお話しはぜひ対面で。相手のもとにずっと残る、ということを心に留めておいていただけたら幸いです。

4. 返事を催促してしまうような表現はNGです

私は、お手紙はあくまで「自分の想いを届けるもの」だと思っています。それはいわば片想い。たまたま通じ合うご縁もあるかもしれませんが、決して「返事を求めて書くもの」ではないのです。
あなたが伝えたい気持ちを大切にしてください(*´`)

おまけ. 何かあれば、いつでもスタッフにご相談ください

お手紙制度に関して、何かわからないことや聞きたいことがありましたら、いつでもスタッフへお声がけください(*´`)

お手紙を書く人ももらう人も幸せな気持ちになれるよう、ご協力をよろしくお願いいたします!

お手紙制度は、こんな想いから生まれました

私事の話になってしまい恐縮ですが、私はもともとお手紙を書くのももらうのも大好きでした。
中学校を卒業する時には、30人はいるクラスメイトたち全員にお手紙を送ったほどです。

手書きの文字にはその人の特徴がよく表れます。
普段は活発でクラスの中心にいるような子が実は小さくて丁寧な字を書いていたり、おとなしめな子が実は大きく堂々としたかっこいい字を書いていたり。
その人独特のクセや書き方を見つけると、なんとも表しがたい、ちょっとくすぐったいような、あたたかい気持ちになれたものです。

しかし大人になるにつれて、だんだんと手紙をしたためる習慣は無くなっていってしまいました。
子どもの頃は事あるごとに手紙を送っていたのに、伝えたい想いは溢れんばかりにあるのに、今では月に一度あるかないか。
いつの間にか、「手紙なんて書いても今の人は迷惑かな」「重いかな」なんて、あれこれ考えるようになってしまったのです。

そんな時、ハウス繋がりの方の誕生日を記念して、久々にお手紙を書いてみました。
最初は「手紙なんか書いて大丈夫かな……」といったような不安が胸をかすめたのですが、実際に書き始めてみると、相手への感謝や愛情がどんどんどんどん溢れてきて。
あっという間に便箋2枚にびっしりとメッセージが書き込まれていました。
そして勇気を振り絞って渡してみると、相手の方が「手紙をわざわざ書いてくれるなんて!」と喜んで、感謝までしてくださったのです。

人に想いを伝えるというのは、とても勇気のいることだと思います。
拒絶されてしまうかもしれない。嫌われてしまうかもしれない。迷惑がられてしまうかもしれない。そんな不安が頭の中を行き来するでしょう。
でも実際には、想いを伝えるということは、とても素敵で、大切なことだと思うんです。

お手紙なら、書いている途中で、どんなメッセージを伝えようか吟味することができます。
お手紙なら、途中で言葉に詰まってしまっても相手のリアクションを伺う必要はありません。
お手紙なら、日頃は恥ずかしくてなかなか伝えられないようなことでも、素直に、まっすぐに、伝えることが可能になります。

対面でのコミュニケーションもいいけれど、たまにはお手紙のことも思い出してほしいな。
ハウスに来てくださる皆さんに、「人へ想いを伝えることの楽しさ・あたたかさ」をもっと感じてほしいな。

そんな想いから、ココトモハウスのポストは生まれました。

普段お手紙を書く機会がないという方や、自分の気持ちと向き合う時間がなかなか取れていないという方にこそ、このポストを利用していただきたいな、と思っています。
もちろん、普段からお手紙ばんばん書くよ、伝えたいメッセージ溢れてるよ、という方も!
ぜひぜひ、利用してくださいませ(*´`)

近日開催のイベントはこちら

ピックアップ!

このブログを書いた人

たかれん
たかれん

こんにちは、「たかれん」と申します(*´`) 「ココトモハウス」のサイトを訪れていただき、ありがとうございます。 いじめ、不登校、転校等を経験し、中学生のときに親から「親を辞める」宣言をされました。 家にも学校にも居場所...

プロフィール詳細はこちら
たかれんが最近書いたブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連ブログはこちら

最新ブログはこちら

フォローをお願いします!

ページTOP
本日のスケジュール